宅地建物取引士とは | 行政書士の資格を取得するなら独学が良い|自分のペースで勉強できる

宅地建物取引士とは

不動産のプロの証

レディ

宅地や建物といった不動産は、商品としては大きな金額が動くものなので、不動産を商品として商売する者は、ことのほかその取引に対して誠実であるべきです。宅建士の資格をもつ者は、そのなかでも特に重要な処理を行うことができるようになります。ひとつは重要事項の説明と、その書面に対する記名押印です。重要事項とは、宅地や建物の所有権や賃貸借等を取得しようとする者に対して、当該物件に関するさまざまな事柄を説明することで、これは宅建業者の義務となっています。もうひとつは契約書に対する記名押印で、代金や宅地建物の引渡しの時期など、取引に関する記載事項が正しいことを証明することです。いずれも不動産取引のさいには欠かせない、重要なものです。

有効期間について

不動産取引の重要な事柄を扱うことが許される宅建士の資格を得るためには、まず宅建士の資格試験に合格し、さらに試験を受けた都道府県の登録を受ける必要があります。この登録は、宅建業に関して2年以上の実務経験があれば即座に受けることができますが、そうでない場合は、国土交通大臣が定める登録講習を受講し、これを修了する必要があります。ここまでで「宅建士資格者」となることができますが、ここからさらに、「宅地建物取引士証」を交付されることで、ようやく宅建士を名乗ることができます。ちなみに、この宅建士証の有効期間は5年で、更新する場合は都道府県知事が定める講習を受講する義務があります。そういう意味で、宅建士の資格は自動車免許と似たようなところがあります。