公務員試験 | 行政書士の資格を取得するなら独学が良い|自分のペースで勉強できる

公務員試験

試験の概要を理解する

男の人

高校や大学を卒業した後の進路として公務員として働くことを選択する人は、公務員になるにはどのようプロセスを辿るのかを把握しておく必要があります。公務員になるにはまず、公務員試験に合格する必要があります。公務員試験は、国家公務員試験と地方公務員試験とに分かれており当然試験の主催者も違っています。国家公務員の場合には、各省庁や国家機関が試験の主催者となり、地方の場合には都道府県や市区町村が主催者となります。一般的に試験は、一般教養試験、専門試験、適性試験、面接試験となっています。この他に主催者によっては、体力試験や論文試験を課すこともあります。面接試験以外を筆記試験や1次試験と位置付けてまずはこれらの試験に合格すると、次の2次試験、面接試験に進むことができます。

受験対策

公務員になるには筆記試験と面接試験を通過しなければならないので、試験対策を事前に進めておく必要があります。公務員の募集人数が若干名とされている試験も多くありますので、他の受験者より試験で高得点を出すためです。試験対策を独学で進めるなら試験対策用のテキストを使用して知識を取得していきます。公務員受験専用のスクールもありますので、そちらで集合教育を受けることも可能となっています。現在は、スマートフォンやタブレットで使用できるアプリも広く普及していますので、隙間時間を利用して勉強していくこともできます。公務員になるには、こうした相当の努力が必要となりますので、受験を考えている人は多くの時間を受験対策に費やすことを留意しておく必要があります。