獣医師のサポート役 | 行政書士の資格を取得するなら独学が良い|自分のペースで勉強できる

獣医師のサポート役

ペットの体を見守る

動物たち

ペットの健康を守る仕事に動物看護師があげられます。動物看護師とは、獣医師が行う診察や手術の補助を行います。この他、入院した動物のケアや管理、飼い主に病状や治療の説明を行う、器具やカルテの管理等、非常に多彩な仕事を行います。動物看護師は、獣医師及び飼い主との間を取り持ち、なおかつペットへの気配りをしっかり行うという重要な役目を持ちます。そのため、人と動物の両方への上手なコミュニケーションが求められることに注意が必要です。この仕事は高い能力を求められますが、国家資格や公的資格は用意されていません。しかし、資格が必要ないからといって何の知識や技術もなくしてこの仕事につくことはかなり困難です。動物看護師のほとんどは、動物看護関連の専門学校及び大学等で学び、基本的な知識や技術を習得してからこの仕事についています。

ペットブームによる影響

現在、我が国は未曾有のペットブームが訪れています。少し前までは住居によりペットを飼う条件が厳しく規制されていましたが、今ではマンション等の集合住宅でも可能なところが多くなるなど規制が緩んだため、このような人気になったと考えられています。こうしたことから、獣医師とともに動物看護師の需要も高まりこれを目指す人が増えています。また、先にもあげたようにこの仕事には公的資格は用意されていませんが、現在見直しが進められ、その結果近年「認定動物看護師」という統一認定試験がスタートし、いずれ公的資格化する動きがみられています。こうした現状もあって、この仕事の注目度は今後ますます高まると考えられているのです。現在では動物看護師関連の専門学校及び大学では、専門のカリキュラムの統一が進められており、これを目指す人は今後の動向に注目が必要です。